【生涯独身が不安?】未婚女性の特徴と楽しむ方法

  • 2024年1月8日
  • 2024年1月10日
  • 婚活
未婚女性の特徴
  • 生涯独身が不安。
  • 女性の独身生活のデメリットは?
  • 婚活が上手く結婚を諦めようと思う。

 

今回はこんなお悩みを解決していきます。

 

お付き合いしていた彼氏と別れた時、婚活が上手くいかない時、ふと「生涯独身生活」に不安を感じる人もいるはず。

 

生涯独身生活ではお金や時間が自由に使えるメリットもあるが、生活をする中で頼れる人がいない精神的な不安もあります。

 

そこで、この記事では女性の「生涯独身生活のメリット・デメリット」や「独身生活を楽しむ方法」についてお話しします。

 

この記事を読むことで女性が生涯独身生活をする不安を減らすことができます。

 

生涯独身生活は不安と思っている人の参考になるように分かりやすくお話ししますので、ぜひ最後まで読んでください。

 

それでは、さっそく見ていきましょう。

 

生涯独身で暮らす女性の特徴

生涯独身女性の特徴

 

生涯独身で暮らす女性の特徴は次の通り。

 

⚫️生涯独身で暮らす女性の特徴

  • 何でも出来てしまう
  • 一人暮らしに慣れてしまった
  • こだわりが強い
  • 恋愛に奥手
  • 理想が高すぎる
  • 結婚のデメリットだけを見ている

 

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

 

何でも出来てしまう

 

何でも出来てしまう女性は独身でいることが多い。

 

家事、各行政の手続、お金の管理など何でも自分で出来る人は独りで生活していても不自由を感じないので独身でいることが多い。

 

くみ
真面目で人に頼るのが苦手なタイプね。
 

一人暮らしに慣れてしまった

 

長年の一人暮らしに慣れた人も独身でいることが多い。

 

特に独身では「お金の自由」「時間の自由」があります。

 

「お金の自由」「時間の自由」に慣れることで結婚から遠のく人もいる。

 

くみ
何時に帰って、何時に起きても自由。

こだわりが強い

 

こだわりが強い女性も独身でいることが多い。

 

例えば、整頓された部屋を乱されるのが嫌オーガニック野菜しか食べない時間きっちりに行動したいなど。

 

結婚するということは一緒に生活をすると言うこと。なので、自分のこだわりを抑えてまで一緒に暮らしたくないと感じる人は独身でいることが多い。

 

大輔
僕も健康志向でオーガニック野菜は賛成だよ。

もちろん、自分のこだわりと相性の合うパートナーと巡り合うことが出来れば結婚に至るかも知れませんが、こだわりが強いほど理解が得にくい場合もあります。

 

また、自分では何てことないことでも、パートナーにとっては物凄く不思議と感じるようなこともあります。

 

くみ
結婚するにはお互いの価値観を理解するのが大切だよね。

恋愛に奥手

 

出会いはあるものの恋愛に奥手でなかなかお付き合いまで進展せず結婚まで至らない方もいるはず。

 

ちょっとしたお誘いを断ったり自分から声を掛けられなかったり自分に自信がなかったり恋愛不器用とも言われるでしょう。

 

恋愛不器用でなかなか一歩が踏み出せない人は、聞き上手になって、少し隙を見せることで更なる進展があるかも。

 

理想が高すぎる

 

結婚相手に求める理想が高すぎて婚期を逃してしまった人もいます。

 

特に30歳を過ぎてハイスペを狙っていると割と時間だけが過ぎることが多い。

 

ハイスペは出会うチャンスが少ない上に20代がハイエナのように狙っています。そこに30代が喰い込むにはよほどの魅力を兼ね備えているか、戦略的に行動しないとハイスペを勝ち取れません。

 

なので、理想が高いが故に結婚できず独身でいる人もいます。

 

結婚のデメリットだけを見ている

 

結婚にはメリットもあれば、デメリットもあります。

 

例えば、一緒に生活をすることで時間の自由度、お金の自由度が変わります。

 

そんな結婚のデメリットばかりに目を向けて独身でいる人もいます。

 

もちろん結婚のデメリットを理解して結婚しない選択を取るのは自由ですが、結婚願望があるものの結婚のデメリットに足を引っ張られて結婚しないなら一度、気持ちを整理するといいでしょう。

 

生涯独身のメリット

 

生涯独身のメリットは次の通り。

 

⚫️生涯独身のメリット

  • 自由な時間が多い
  • 色々なことにチャレンジできる
  • 家族・親戚付き合いをしなくてもいい
  • 金銭的に余裕を持てる

 

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

 

自由な時間が多い

 

上記でお話ししたように独身では時間の自由度が高い。

 

朝起きる時間、食事、外出、急な誘いなど自由に動けます。

 

時間の自由度が高いことで満足度の高い生活を過ごすことが出来ます。

 

色々なことにチャレンジできる

 

独身であることで仕事でもプライベートでも色々なことにチャレンジができます。

 

例えば、仕事を辞めて独立をしたいと思っても結婚しているとそこまでのリスクを取ることができないこともあります。

 

また、時間の自由があることで新しい趣味をはじめることもできます。

 

なので、独身であることで色々なことにチャレンジできます。

 

家族・親戚付き合いをしなくてもいい

 

結婚すると言うことはパートナー側の家族や親戚付き合いをしないといけませんが独身では不要。

 

家族や親戚付き合いはパートナーによって大きく変わりますが、冠婚葬祭、盆正月、連休と時間を取られることが多い。

 

また、姑との関係、親戚との人間関係など煩わしい問題も気にしなくてもいい。

 

金銭的に余裕を持てる

 

結婚すれば生活費、住居費、保険、子供が産まれれば教育費などさまざまな費用がかかります。

 

一方、独身では収入の全てを自分で使うことができます。もちろん、しっかりとお金の管理ができることが前提となりますが収入の全てを自分で使えるのは金銭的に余裕が持てます

 

生涯独身のデメリット(リスク)

生涯独身のデメリット

 

生涯独身のデメリットは次の通り。

 

⚫️生涯独身のデメリット

  • お金を使い過ぎる
  • 周りの目が気になる
  • 不健康になりがち
  • 生活の手助けが無い
  • 精神的な支えがない
  • 親が心配する

 

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

 

お金を使い過ぎる

 

独身では金銭的に余裕が持てるがあまり使い過ぎてしまう人もいます。

 

趣味の習い事、海外旅行、飲み会、ショッピング、エステなど収入の全てを自分で使えるが故に使い過ぎると「独身はお金に余裕がない…」となってしまいます。

 

周りの目が気になる

 

独身でいることで家族の集まりや友達との会話で「結婚は?」と聞かれるのがストレスになることがあります。

 

毎回、同じ受け答えに疲れて出会うのが億劫になり疎遠になることも。

 

不健康になりがち

 

独身はとにかく自由。

 

家に帰る時間も熱時間も食事の時間も自由。すると、週末は夜更かしをして、翌日は昼過ぎまで寝るなど不規則な生活をしてしまいがち。

 

また、一人分の食事を作るのって意外と面倒。すると外食やインスタントの中心の食事になりがち。

 

なので、独身は不健康になりがち。

 

生活の手助けが無い

 

病気や怪我で寝込んでしまった時に独身だと生活の手助けがありません。

 

例えば、食事、買い物、洗濯などしんどくても自分でやらないといけません。

 

なので、病気や怪我の時に生活の手助けが無いのは独身のデメリットでしょう。

 

くみ
年齢が上がると「病気」の心配は大きくなるよね。

精神的な支えがない

 

地震や台風など心細くなるもの。

 

最近ではネットやSNSでどこにいても簡単に繋がれるとはいえ、そばに誰か居るだけで安心できます。

 

親が心配する

 

独身で暮らすもパートナーと暮らすもそれぞれの価値観なのでどちらがいいと言うものではありません。

 

しかし、自分がいると言うことは、親はパートナーとの生活を選んだ人。なので、独身で暮らす価値観を分かってもらえにくい。

 

だからこそ、独身でいることは親が心配します。

 

生涯独身を楽しむ方法

 

生涯独身を楽しむ方法は次の通り。

 

⚫️生涯独身を楽しむ方法

  • 健康管理を欠かさない
  • 人間関係を築く
  • 本を読む
  • 旅行に行く
  • 他人と比べない

 

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

 

健康管理を欠かさない

 

上記でお話ししたように独身では不健康になりがちで、さらに病気で寝込んだ時に生活の手助けがありません。

 

なので、健康管理を欠かさないようにしましょう。

 

具体的には、食事や睡眠など自分なりのルールを決めてメリハリをつけた生活をしましょう。

 

また、ストレッチやウォーキングを取り入れるのもおすすめ。

 

ぜひ、健康にも目を向けてみましょう。

 

人間関係を築く

 

職場・友達との人間関係を築くのも大切。

 

人間関係を築くことで困ったときの相談や寝込んだ時の生活の手助けをお願いすることもできます。

 

深い関係の方が1〜2人いるだけで安心することができます。

 

価値観が合う人、背中を押してくれる人、駄目なものはダメとしっかりと言ってくれる人など、自分のタイプに合った人と関係を築くのがおすすめ。

 

本を読む

 

本を読むのもおすすめ。

 

他人の意見に影響を受けない自分軸を持つことで独身生活を楽しむことができます。

 

本を読むことでさまざまな考えを取り込むことがき自分軸の幅が広がります。

 

 

旅行に行く

 

独身は時間もお金も自由に使える点で旅行がおすすめ。

 

有給を使いながら人が少なく安い時期に行く、ノープランで想いのままの旅に行く、お気に入りホテルを見つけるなどさまざまな楽しみ方をできます。

 

くみ
旅行を楽しむのはOKだけど豪遊は注意。お金の使い方は計画的にね。

他人と比べない

 

生活の満足度や人生の満足度を他人と比べないようにしましょう。

 

独身であろうとパートナーと生活をしようと他人と比べても仕方ありません。

 

自分が満足できていればOK。

 

気持ちの持ち方だけかも知れませんが割と大切。

 

くみ
これは独身に限ったことではないよね。

本当に生涯独身はイヤ?

 

生涯独身がイヤなら婚活をするのもあり。もし、婚活をするなら次の点に気をつけましょう。

 

⚫️婚活をするときの注意点

  • プライドを捨てる
  • 自分の強みを知る
  • 色々な既婚者と恋バナをする
  • 待ちではなく攻める

 

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

 

プライドを捨てる

 

婚活をするならプライドを捨てましょう。

 

くみ
婚活が上手く行かない人は条件を並べ過ぎ。

「この年まで結婚せずに来たのだから、みんなんが羨むような人と結婚するんだ…」というつまらないプライドは婚活では不要。

 

もちろん、譲れない条件を決めるのは大切。しかし、「収入・身長・学歴・家柄」などあれこれ条件を並べると結婚が遠ざかります。

 

少し厳しい言い方ですが条件を並べていいお相手が見つかるようであれば、ひっきりなしに彼氏がいるはず。

 

なので、「生涯独身はイヤ」と婚活をするならプライドを捨てましょう。

 

自分の強みを知る

 

婚活をするなら自分の強みを見つけましょう。

 

いわゆるアピールポイントです。「料理ができる・整理整頓ができる」以外にも「声が可愛い・身長が低い・ぽっちゃり」なのでもOK。

 

自分では何とも思わないことでも他人からすれば「凄い」と言われるようなこともあります。

 

もし、自分の強みが分からなければ周りに聞いてみましょう。

 

色々な既婚者と恋バナをする

 

婚活をする前にいろいろな既婚者と恋バナをすることも大切。

 

くみ
話をするのは男性・女性のどちらでもOK。

既婚者と話をすることで「結婚生活」「結婚相手」というものがイメージしやすくなります。

 

また、恋バナをすることで新しい価値観に気づくこともある。

 

待ちではなく攻める

 

婚活をするなら待ちではなくどんどん攻めましょう。

 

婚活で上手く行く人はやはり行動しています。

 

待っているだけでは獲物は取れません。

 

上記でお話しした「自分の強み」を武器にしてどんどん攻めていきましょう。

 

生涯独身が不安?未婚女性の特徴と楽しむ方法(まとめ)

 

いかがでしたか?

 

女性の生涯独身生活には時間やお金が自由になるメリットもあるが精神な支えがない不安もある。

 

不安に対してはデメリットを理解し対策をすること減らすことができる。

 

もし、それでも生涯独身が嫌なら婚活をするのもあり。

 

婚活をするなら自分の強みを知り、待つのではなくどんどん攻めていきましょう。

 

婚活について知りたい方は下記の記事も併せてご覧ください。

 

関連記事

婚活するの何をすればいい? 結婚相談所とマッチングアプリのどっちがいい? 初対面と人と話をするのが苦手だけど大丈夫?   婚活を始めようと思うも「結局どうしたらいいの?」と最初の一歩で挫折し[…]

婚活って何から始める?